格安料金でセスナの免許が取得できるエアーリゾートホテル付きフライトスクール

WCCアビエーションアカデミー日本校| WCC AVIATION COMPANY JAPAN

TOP >> コースについて >> 短期習得コース:自家用固定翼 短縮コース

短期習得コース:自家用固定翼 短縮コース

飛行機のライセンス

長期滞在ができない社会人の方へ

本校をご利用いただいている方に一番人気なのがこの短期ライセンス取得コースです。
いかに短期間の海外滞在とそして短時間でのセスナ(小型機)ライセンス取得をめざします。


○ ライセンス( 自家用固定翼 )取得期間

このコースでは、いかに短期間でプライベートパイロットライセンス( 自家用固定翼 )を取得するかというのがコンセプトです。
ですので、滞在中は少し忙しくなってしまいますが、最短で約30日間でのトレーニングでライセンスを取得をめざします。
この30日間というのが限界の最短日数です。これよりも短い日数で取得するのは、パイロットの技術の習熟度において今後の安全面を考えると当校としてはお勧めできません。

また、このコースは社会人特待生コースとは違い、みなさんのスケジュールによって、複数回に分けてフィリピンへ渡ることも可能ですので、
その間、期間を詰め込めれば詰め込めるほど早いライセンス取得に結びつきます。(土日などの週末もフライト可能です。)
理想的モデルとしては、2週間を2回に分けてトレーニングを行うのがいいでしょう。
また短期間でライセンスの取得を目指しますが、フライト練習時間は50時間(法的にはライセンス取得に40時間が必要と定められています)用意していますので十分なトレーニングができるはずです。もちろん足りないと感じる場合は、現地でも追加練習できますし、日本国内に戻ってからWCC日本校にて熟練パイロットと共に完熟トレーニングを行っていただくことが可能です。(日本国内のフライトのためには、環境に慣れるために完熟トレーニングを行っていただくことをお勧めしております。※法的には強制されていません)
まずは、みなさんのスケジュールや条件を元に、いかに短期で取得できるかを計画を作成するところからぜひご相談くださいませ。

>> 短期ライセンス取得コースの 料金についてはこちら



セスナ(自家用操縦士:固定翼)ライセンス取得までの訓練スケジュール

1.日本校にて

・フィリピン渡航前の打ち合わせ
※グランドスクールはフィリピンで受講して頂く事も可能です。

2.フィリピンにて

・まずマニラにて、ATOで航空身体検査学生パイロットライセンス交付手続き (5日間)
・本校のトレーニング施設であるビナローナン空港へ移動
・ビナローナン空港にて飛行訓練(25日間~)
・最終試験に合格後、フィリピンの自家用操縦士(固定翼)ライセンスの取得

3.帰国後

・日本国内で学科試験を受けてフィリピンのライセンスを日本のライセンスへ切り替え
※帰国後のJCAB航空法受験対策、航空特殊無線受験対策のサポートも受けられます。


航空留学 セスナで航空留学

このような方にオススメです。

・仕事が忙しくて、なかなか長期休暇がむずかしい。
・短期間でライセンス( 自家用操縦士固定翼 )がほしい。
・ライセンス取得を急がないから行きたいときに行ってゆっくりライセンスを取得したい。(何回にも分けて、ゆっくり取得したい)







スタッフのご紹介

ホテルのご紹介

サポートとバックアップ